ここからサイト内共通メニューです。

香害は公害!?

2/5、ピアザ淡海にて、水野玲子さんに『香害』についてのお話を伺いました。



皆さんは“香害”という言葉を知っていますか?

香水、柔軟剤、消臭・除菌スプレー、芳香剤、合成洗剤などの香りによる健康被害の事です。
それによって苦しめられている人が沢山おられます。

人工的に作られた香りはプラスチック性のマイクロカプセルに閉じ込められ、大気中で有害物質を発生させます。

それを鼻から吸い込むと、脳の中枢に行き、ホルモンや神経を撹乱、子供の学力や発達に悪影響を及ぼすそうです。

さらに、最近では微粒子のナノサイズのマイクロカプセルが肺の奥まで入り、喘息、気管支炎、呼吸器系疾患、肺がんのリスクもあります。

香水やアロマも要注意!

有名ブランドの香水から12種類もの環境ホルモンが検出されたり、アロマも質の良いものを選ばなければ、合成化学物質のかたまりだそうです。

企業は香りが強いと言われれば、‘無香料’とか‘天然成分配合’とうたい、売り上げを伸ばそうとします。

CM効果で世の中の人は香りが良いものだと思ってしまいますよね?

目先の情報だけを受け止めるのではなく、香りによって沢山の人が苦しめられている事も知らなければなりません。

そして、沢山の化学物質によって地球が汚れている事をもっと重く受け止めたいですね。

香害をなくす連絡会のアンケート
web版
https://bit.ly/2Q3BWMS
皆さんも是非アンケートに回答してみてください!

シャボン玉フォーラム(5/16、17)に向け今後も勉強会を重ねていきましょう!
次回は3/3、ピアザ淡海にて瀬口淳子さんをお招きし、マイクロプラスチックのお話です。
シャボン玉実行委員会や当日お手伝いの方募集中です!
 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。